レーザーで永久脱毛するには、医療機関で施術を

医療レーザー脱毛だけが

レーザーで永久脱毛するには、医療機関で施術を受ける必要があります。毛の再生力はとても高く、医療機関で扱えるような高出力のレーザー装置でないと、それを失わせることはできないんです。永久脱毛という目的をかなえるためでもありますが、安全性を確保するためでもあります。レーザー脱毛では、黒い色に当たると熱を発生させる光を利用しています。本来は毛だけに当てたいところですが、そうもいかず、仕方なく肌にも当てています。そのため、やけどの危険があるわけです。

毛根が破壊できるほどのパワー

毛母細胞を破壊できるほど、高い熱を発生させる装置なら、肌にもそれなりに影響はあるわけです。特にもともと色黒だったり、日焼けした肌だったりする場合は、肌のメラニン色素にも反応して、熱が発生します。軽いやけど状態になるわけです。肌の色が白ければ、そうしたことは起こりづらくはなるんですが、どこから色白になるかという線引きも難しいですからね。結局、やけどが起きたらすぐ適切な対処ができるようにしておくのが一番ということになるでしょう。

脱毛の施術は医療行為

永久脱毛がかなうような施術は医療行為です。毛が生えるのは体毛が濃い人にとっては自然な状態であり、それを熱とか電流でなんとかするわけですから。体毛が薄い人が何不自由なく過ごしていることからすると、体毛がなくても平気なんでしょうが、体毛をなくするまでいろいろやることは、なにかしらの影響を及ぼすことかもしれません。少なくとも医者が、すぐ処置できる環境でおこなうべきことでしょうね。医者がいないところでは扱えない装置ですし。

医療脱毛はサロンの脱毛に比べると、少々料金が高いです。美容目的ということで保険がきかないので自由診療になります。