理想的な白い歯に!審美歯科の3つのホワイトニング

審美歯科で扱う一般的なホワイトニングは

歯科診療でも、歯の機能性と見た目の美しさを両立した治療に取り組む審美歯科では、歯の黄ばみや着色汚れ等を除去する幾つかのホワイトニングを用意しています。そして、その中でも一般的に浸透した審美歯科のホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、デュアルホワイトニングの3種類があります。その特徴は、何れも歯を削ることなく、安全に歯を白くすることができ、また繰り返して利用出来る為、それぞれが理想とする歯の白さや明るさのレベルを調整することがでます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

審美歯科で扱うホワイトニングの中でも、オフィスホワイトニングは院内で行われるタイプで、1回の施術でもかなり効果が実感できる程、比較的短時間で目標を達成できる施術です。その方法は、歯の表面に専用のホワイトニングジェルを塗り、その上からレーザーなどの光を照射して歯を白くして行きます。これに対し、ホームホワイトニングは、自宅にて自分でホワイトニングを行う方法で、はじめに院内でマウスピースを作成し、後はそのマウスピースに専用ジェルを入れ、1日2時間程度装着して、理想とする白さにまで柔軟に仕上げることができます。

所要期間と急ぐ場合のデュアルホワイトニング

審美歯科でのオフィスホワイトニングには、目標とする白さのレベルにもよりますが、通常1-4回の照射を週に一度の頻度で行う為、殆どの場合1ヶ月もあれば、満足の高い仕上がりを実現することが可能です。一方、ホームホワイトニングには、最低2週間から目標レベルに合わせて継続することで、理想的な白さに仕上げて行きます。そして、更に急いで歯を白くしたい場合には、オフィスとホームを組み合わせたデュアルホワイトニングも用意されています。

セレックはドイツから来た、3D光学カメラを使った歯の修復物を製作するシステムのことです。コンピュータで製作するので、歯型を取る必要もありません。